忍者ブログ
Хождение в VIPPER!!

ファイルはこちら




アケメネス朝ペルシアによるオリエント世界の統治について、
以下の用語全てを1回のみ用いて400字以内で説明せよ。
なお解答文中でこれらの用語には下線を施せ。
また用語の使用順序は自由とする。   (某大学の入試問題より)

 ①新バビロニア ②強制移住政策 ③サトラップ ④バビロン捕囚
 ⑤アッシリア ⑥ユダヤ教 ⑦インド=ヨーロッパ語系 ⑧駅伝制



>>1の解答
 アケメネス朝ペルシアは、前550年に興ったインド=ヨーロッパ語系ペルシア人の国で、エジプトやメソポタミアなどの多民族を支配下に置く国家であった。そのため国内には州知事サトラップを配し、地方分権的な統治を行っていたが、王の目・王の耳等の監視機関や、軍道である王の道、そして駅伝制などの情報交通網を整備することで、反乱に対しては迅速に対処できる中央集権的な制度を構築した。こうした制度は、強制移住政策を行ったことで異民族の反乱を誘発し、短命に終わったアッシリアや新バビロニアの反省を生かしたものであった。特に後者においては、ユダヤ人に対して行われたバビロン捕囚が有名であり、その結果ユダヤ教が成立することになった。ゆえにアケメネス朝は、ユダヤ人を解放するなど、従順な異教徒・異民族には寛容な態度で臨んだが、イオニア植民市の反乱を招いたギリシア人などに対しては、強硬な態度を崩すことはなかったのである。



みんな頑張って解いてみてね。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
全然解答と関係無いけど…
投下乙でした!発見した途端仕事が始まって支援も一回しかできなくってすまんかった( ><)
そして「ようです」は是非とも付けてくだされ 発見率が格段に上がると思うよー
後編楽しみにしてるよ!
名無しにかわりまして 2010/08/11(Wed)02:39:09 編集
» 無題
あい、支援ありがとうございました。
一応イスラム史後編にはようですを付けておく予定です。

まあいつ投下できるかは例のごとく不明ですがww
もしかしたら三国志に飛び入りするかもしれんですしねー。


ともかく次回以降に関しては、とりあえずコミケが終わってから考える感じです。
何か形になってきたらここで告知しますんで、
それまで今しばらくお待ちくだされ。
綿犬 2010/08/12(Thu)13:12:05 編集
» 無題
買えなかったくそっ
再販期待してるよ!
名無しにかわりまして 2010/08/14(Sat)14:59:06 編集
» 無題
再販期待
冬こそは…
NONAME 2010/08/14(Sat)20:01:58 編集
» 無題
買えなかった人、本当にごめん!
次からはこんなことはないようにします。

再販は絶対するから待っててね。
綿犬 2010/08/15(Sun)22:21:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[07/26 JohnnyAroMi]
[03/07 綿犬]
[08/15 名無しにかわりまして]
[07/21 綿犬]
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ (有)VIP出版 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]

PR