忍者ブログ
Хождение в VIPPER!!

ファイルはこちら




 つぎにかかげる8つの事項は、すべて、ある同一の世紀に関係している。それは何世紀か。
また、その世紀における、これらの事項が関係する地域の発展の特徴を論述せよ。
その際、この世紀にみられるそうした特徴が、それ以後の発展に対して
どのような歴史的影響を与えたかという点に、とりわけ留意すること。
 解答では、下記の諸事項に、随意の順序で、必ず1回は言及し、下線を引いて明示せよ。
解答に際しては、まず問われている世紀を明記し、全体で700字以内で書くこと。

 キリスト教の国教化 フン族の西方移動 コンスタンティノープル遷都
 コロヌスの土地緊縛令 西ゴート族 キリスト教徒大迫害 ニケーア公会議 ドミナートゥス




>>1の解答

 4世紀である。ディオクレティアヌスは混乱していたローマ帝国の統一を維持するため、皇帝を神格化し権力を集中させるドミナートゥスを創始したが、混乱した世情を背景に増加していたキリスト教徒は皇帝を崇拝しなかったため、彼によるキリスト教徒大迫害を招く事になった。だがそれでもキリスト教は拡大を続けたので、コンスタンティヌスはこれを公認して帝国の統一に役立てようと考え、ニケーア公会議を開いてアタナシウス派による教義の統一を図るに至った。しかしこの結果異端とされたアリウス派はゲルマン人への布教を目指したため、後代における対立の火種となった。また彼は税収を確保するためコロヌスの土地緊縛令を出し、土地と小作人を一体として扱った。これにより小作人は地主への隷属を深めていき、後の農奴制へと発展していった。他にも彼はコンスタンティノープル遷都を行って帝国の中枢を東へと移したが、これは東欧におけるビザンツ帝国の興隆を準備する一方で、西欧でのローマ帝国の統治力を弱めることになり、後にゲルマン人の侵入を許す事となった。その後テオドシウスの頃、フン族の西方移動を契機にゲルマン人の大移動が激化すると、西部を中心にゲルマン人の勢力が拡大し帝国の分裂傾向は決定的となった。彼はキリスト教の国教化を行って統一の維持を図ったが、最終的に帝国は東西に分裂した。続く西ローマ帝国も混乱のうちに滅亡し、跡地には西ゴート族などのゲルマン人の部族国家が形成されるが、その中で古代ローマ・キリスト教・ゲルマン人の文化は次第に混交し、ギリシア人に継承されたビザンツ帝国とは異なる、キリスト教を中心とした西欧文明が形作られていくのである。 (698字)



ちょっと長いですが、面白い問題なので解いてみてください。出典は某T大だそうです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[07/26 JohnnyAroMi]
[03/07 綿犬]
[08/15 名無しにかわりまして]
[07/21 綿犬]
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ (有)VIP出版 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]

PR